忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 37 |  36 |  35 |  34 |  272 |  33 |  71 |  32 |  31 |  30 |  29 |
都で八月の節句といえば、中秋だ。毎年中秋には、貴族や裕福な人達は互いに菓子や果物を贈りあう。

十五日の満月の日には木の実や果物など庭に並べ月に供える。
枝豆やケイトウの花を供えたりもする。

白く冴えた月が雲もない空高くかかったころに、人々は杯を重ねあい、子供たちははしゃぎまわる。文字通りの佳節である。

しかし男はこのとき月を拝むことをしない。
都のことわざではこれを「男は月を拝まず、女はかまどを祭らず」という。


------------------------------------------------------------------

訳注:

「菓子や果物を贈りあう」:月餅などを贈ることが多いです。

中秋:中秋といえば、「中秋節」、「中秋の名月」と八月十五日のこと。ちなみに「仲秋」は旧暦の八月のこと。

「男は月を拝まず、女はかまどを祭らず」:添付画像でも祭壇の前で拝んでいるのは女性のみ、男性は、後ろのほうでそれを見ているだけ。
「かまどを祭らず」のかまどを祭る儀式は、年越しの儀式をいいます。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ