忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 1 |  2 |
旧暦十月にお上が来年の暦を頒布。
それを元に、一般向けの暦の販売が行われるらしい。
というわけで、来年の暦です。





こちらをご参照ください
2017年丁酉[閏]年新旧暦対照表
PR
ぼけっと、古籍を見ていたところ、
十月になるとお上が来年の暦を頒布。
それを元に、一般向けの暦の販売が行われるらしい。
というわけで、来年の暦です。




2015年の入伏は7月13日
末伏最后の日は8月21日 で40日間。
8月22日が出伏。

初伏:7.13-7.22 10日間
中伏:7.23-8.11 20日間
末伏:8.12-8.21 10日間

例年よりも暦の所為で10日間多くなっています。
2012年三伏

初伏:7月18日-7月27日
中伏:7月28日-8月6日
末伏:8月7日-8月16日


ちょっと気が早いのですが、UPしておきます。
昨日、現在日本で使っている暦と、旧暦(農暦)のうるう年の違いについて書きましたが、
今日は大の月と小の月についてです。

今の暦では、
1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月が31日で大の月、
2月、4月、6月、9月、11月(西向く侍... 二四六九、十一)が小の月 ですね。
でも旧暦は、旧暦では大の月は30日、小の月は29日ですが、何月が大の月か小の月かは決まっていません。
というのは、旧暦が太陰暦、月を基準とした暦だからです。
そしてその暦の大きな一つの決まりが「新月の日が一日になる」というというものです。
なので、次の月の一日が決まってはじめてその月が大の月か小の月かが決まるのです。

そのため面白いことが起きます。
大晦日といったら私たちは単純に十二月三十日と考えてしまいがちですが、
旧暦の場合、十二月三十日だったり十二月二十九日だったりするのです。
興味のある方はぜひ、旧暦の書いてあるカレンダーをご参照ください。

ちなみに今年は十二月二十九日が大晦日で、三十日は存在しません。
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ