忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 1 |  2 |
竈の神様をまつる竈君廟は崇文門の外にある。毎年八月一日から三日間まで廟が開かれるが、この日が竈の神様の誕生日らしい。
PR
毎年中秋になると、器用な人々は土でカエルやウサギを作ってこれらを売る。これがいわゆるウサギの爺さんだ。

お役人の衣装を着て傘を差しているものや、甲冑を身にまとい幟をさしているものもいる。トラに乗ったり、座ったりしている。1mぐらいから30cmぐらいの大きさまである。

それらは意匠を凝らし、美しいものであるが、こっけいでもある。



訳注:



『舊京返照集』から「賣”兔児爺”」



ウサギの爺さんこと”兔児爺”

中秋の月餅で都第一と名高いのは前門の致美斎のものだ。ほかの月餅は食べるに値しない。

月に供える時期になると到るところで月餅は売りに出される。大きいものは30cmほどの大きさのものがあり、月の宮殿と月ウサギの模様がついている。祭り終わったあとにすぐ食べる人もいるし、大晦日までとっておいて食べる人もいる。大晦日までとっておいて食べる月餅を「団欒の月餅」という。



『帝京景物略』には、
八月十五日には月を祭る。このとき供えられる菓子や果物はすべて丸いもので、瓜はギザギザに刃物を入れ蓮の花の形に切られる。紙を売る店では蓮華の上に満月が鎮座している模様が描かれた「月光紙」が売られる。これは月光遍照菩薩を意味している。蓮華の下には月にあるという宮殿と杵を持って立ち、薬をついているウサギが描かれている。紙は小さいもので10cm、大きいもので3mほどの大きさで、緻密に金色や鮮やかな色彩を用いて描かれている。家々では月の神様の祭壇を月の出る方角に設け、供え物をして、月を拝む。その後、月光紙は焼かれ、供え物をさげ、家人に分け与え、月餅や果物を親戚などで贈り合う。月餅は60cmほどの大きさのものもある。女性はこの日里帰りをし、嫁ぎ先にまた戻るが、そのため「団欒の節句」ともいわれる。
とかかれている。ほとんど現在の言い伝えと変わりはなく、月に供え物をする習慣は相当古いものであることがわかる。

中秋にはギザギザに包丁を入れて蓮の花のような形にきった西瓜を供える。




------------------------------------------------------------------
訳注:

「蓮花西瓜」といいます。
宮廷ではこの日、九節つながったレンコンを月に供えるのが習慣になっている。

Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ