忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 202 |  201 |  200 |  195 |  197 |  196 |  194 |  193 |  192 |  191 |  190 |
「元旦」(燕京歳時記)

都では元旦を「大年初一」という。
毎年元旦には、夜中に香を焚き、神を迎え、爆竹を鳴らして拝礼をする。
爆竹の音は巷中に響き渡り、休むことなく続く。

神迎えのあとは、王公や官僚は朝廷に出向いて、皇帝に拝賀する。
皇帝への拝賀が終わった後、親戚や友人に年始の挨拶をする。
これを年始まわりという。
親しい間柄であれば家に上がるが、あまり親しくない間柄だと名刺だけの挨拶となる。
このとき道と言う道には、多くの官僚達が行き交う姿が見うけられ、「車如流水、馬如游龍(車は水が流れるようで、馬は龍が泳いでいるようだ)」といったところ。
天下泰平の風景だ。

この日、身分階級を問わず、みな小麦粉をねって餃子を作り、食べる。
これはぼーぼーという蒸し菓子で、国中の人達すべてが同様に食べる。
金持ちの家では、密かに小粒の金銀宝石などを餃子のなかに入れ、それを一種の運勢占いにする。
家族の中で金銀宝石の入った餃子を食べた人に、その年一年は大吉、幸運なのだ。

『荊楚歳時記』には
正月一日には前庭で爆竹を鳴らし、山そうなどといった悪鬼を払う

と書かれている。

また『玉燭宝典』には
正月一日を元日とする。また三元ともいうが、それは年の元(はじめ)、時のはじめ、月のはじめの三つの元(はじめ)、を意味している。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ