忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 29 |  28 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |  22 |  21 |  20 |  47 |
中元の日、寺院では盂蘭盆会を執り行う。灯明を灯し、お経を上げ、成仏できないものの霊を慰める。

経典によれば、

仏弟子・目連の母は餓鬼に生まれ変わり、物を食べることが出来なかった。
お釈迦様は七月十五日に、たくさんの食べ物を、大勢の人に施す盂蘭盆会を行うようにいい、
それを催した後、目連の母は物を食べることが出来るようになった。
そして目連がお釈迦様に、「親孝行なものはみな盂蘭盆会の供養をしなくてはいけませんね」といったところ、お釈迦様は「それはよいことだ」とおっしゃったので、後世、これに従うようになった。

と言うことである。

『釈氏要覧』には、

盂蘭盆会はインドの言葉で、中国語にすると「『逆吊るし』を解く」と言う意味だ。現在人々は”盆”を供えるが、それは間違いだ。

と書かれている。

『釈氏要覧』「目連救母」


------------------------------------------------------------------
訳注:

盂蘭盆会:日本で俗に言うお盆のこと。これは仏教のお祭り。この言い伝えは、日本でもお盆の由来で言い伝えられている。

目連:モッガーラーナのこと。釈尊の十大弟子の一人。

『釈氏要覧』:宋・釈道誠の著。僧侶の基礎知識を経文を引用しながら解説している本。

『逆吊るし』を解く:盂蘭盆会の語源は「ウランバナ」というサンスクリット語。ウランバナは、「倒懸」という意味。目連の母は、死後、逆さ吊りの責め苦に遭っていたことにつながるようだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ