忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 431 |  430 |  429 |  428 |  426 |  427 |  425 |  418 |  423 |  422 |  421 |
「中頂」(燕京歳時記)


中頂の碧霞元君廟は右安門5kmほどの草橋にある。毎年六月一日に縁日の市がたつ。市には花卉樹木がおおく、錦を並べたような風情である。外城の住民が男も女も多く出かける。

『宸垣識略』には
草橋は右安門外5kmにあり、水の多くの流れが集まるところである。水田を耕す人々はそれによって利益を得ている。土地は泉水に近く花を栽培するのに適している。そのためこのあたりの住民は花を栽培して生計を立てている。蓮花池があり、この蓮の香りは遠くまで漂う。ボタンや芍薬も到るところで栽培されている。橋から芍薬で有名な豊台までは5kmほどだ。元や明の時代には貴族の庭園が多くあった。元右丞相・廉希憲の万柳堂や断事府参謀・趙禹卿の匏瓜亭は端の左右にあったと言うが現在では、その場所は定かではない。

とある。

呉厳の詩の注釈によると四月一日に縁日があったらしいが、現在は六月になっている。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ