忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 21 |  20 |  47 |  18 |  17 |  15 |  14 |  13 |  12 |  11 |  9 |
都の女たちは七月七日に、水を張った碗を日向に置き、そこに針を投げ入れる。

そして針が水面に浮びあがったときに、底に映った影をみる。

花を散らしたように動いたり、雲が流れるように動いたり、また映る影は細かったり、太かったり...。

その影の形によって手先の器用さを占う。

これを俗に”針投げ”という。



注:
かつて七夕の日には、織姫にあやかり、”針投げ”という”針占い”をしました。

針占いの方法

1. 七月七日(旧暦)の正午に、水を張った碗を日向に置き、しばらく。

2. しばらく置くと、埃などが水面を覆ってくる。

3. 縫い針を碗に投げ入れる。

4. 針が浮かび上がってくるのを待つ。

5. 浮かび上がった影を見る。

結果

  雲、花、鳥獣などに影が似ていたら、お針仕事は上手になるでしょう。

  糸のように細い影や、槌のように太い影だった場合、
  お針仕事は苦手かもしれません。 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ