忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 22 |  21 |  20 |  47 |  18 |  17 |  15 |  14 |  13 |  12 |  11 |
かささぎ
七月七日の朝、カラスやカササギが飛んでくるのが遅いのは、
カササギが橋をかけに行くためだといわれている。

『日下旧聞考』には、

金や元の宮中では七月七日にカササギ柄の衣装を、一月十五日には灯篭柄の衣装を、そして端午には瓢箪柄の衣装を着た。


と書かれている。 季節に趣きを添えた趣向があったようだ。


注:
カササギ:スズメ目カラス科の鳥。七夕の夜には、織姫、牽牛のために橋をかけるといわれています。
このカササギ、カラスの仲間ということもありかなり凶暴です。
一度、私も襲われそうになりました。かなり大きい鳥なので、怖かったです...
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ