忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 319 |  318 |  317 |  316 |  299 |  292 |  313 |  314 |  315 |  312 |  311 |
「清明」(燕京歳時記)

清明は火を使わず、冷たいものを食べる日であり、火を使わず、煙を出してはいけないので「禁煙節」と呼ばれてきた。昔の人はこの日を重んじてきたが、現在ではこの日を祝わず、子供の頭に柳を巻いて、墓参りをして墓の掃除をするだけになっている。貴族の家では、普通の供物以外に、五色の紙でつくった冥土銭や幡や日傘を墓の左手に飾る。墓参りが終わった後には親族が墓の外まで持ち出し、門前ですべてを焼くのである。これは「フートゥリ(佛多、Huturi満州語)」という満州人の習慣である。この「フートゥリ」は一般には行われない。

 『析津志(せきしんし)』には、

「遼の時代、もっとも大切な祭りが清明だった。その日、上は宮中から、下は一般の庶民に至るまで、ブランコを設け楽しんだという」

と書かれている。明の時代になってその風習は変わり、ブランコに乗るようなことはなくなった。
また『歳時百問』には

「万物はこのときに生長する。そのためすべてが清浄で明潔であるから、清明という」

とある。
清明の日に柳を頭に戴くのは、唐の高宗が、三月三日に渭水(いすい)のほとりで禊(みそぎ)を行い、群臣たちに柳の冠を賜り、これを頭に戴けばさそりの毒から免れると言ったことに始まるという。それが今に伝わっているわけである。。


--------------------------------------------------------------
訳注:

『月令広義(げつれいこうぎ)』:明・万暦時代の季節ごとの政、しきたりなどなどを書いた本。編者は馮応京(ひょうおおきょう)。

『析津志(せきしんし)』:『析津志典志(せきしんしてん)』元の時代、当時の北京近辺の地理風土について書かれたもの。熊夢祥(ゆうむしょう)著。散逸してしまい原文は残っておらず、ほかの書物の中でしか見ることができない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ