忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 343 |  344 |  342 |  338 |  339 |  333 |  337 |  336 |  335 |  334 |  327 |
「結縁豆(けちえんまめ」(燕京歳時記)

四月八日、都の善男善女は、緑や黄色の豆を数升買い求め、仏の名前を唱えながらこれをつまむ。
そしてそのつまみ上げた豆を煮て人々に分け与えるのだが、この豆を結縁豆という。
来世の縁を結ぶ豆ということだ。

『日下舊聞考』によれば、
都で念仏を唱える僧侶は、唱えた数をまめで数える。
そして四月八日、釈尊誕生の日、辰の刻(朝7時~9時ごろ)にこれを煮て道行く人に分け与え、縁を結ぶという。
今に尚、この習慣は伝えられている。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ