忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |
 


使っている絵は、
雍正帝・乾隆帝の時代の宮廷画家・陳枚の『月曼清游図冊』から
『五月「水閣梳粧」』です。
PR
北京の老舗の「八宝菜」を購入しました。
「醤菜」、日本でいうところの醤油漬け、みそ漬けの間のようなお漬物です。
「八宝菜」というだけあって名前の通りいろいろな実沢山です。

今回、北京のお味噌の老舗二か所のものを衝動買い。
「天源醤園」と「六必居」の「八宝菜」です。
 

基本的に使っている野菜は一緒です。
カンランの根、キュウリ、チョロギ、ササゲ豆、タケノコ、生姜、菊芋。
しいて違いをあげると、「六必居」は甜麺醤で有名なので、ちょっと甘めです。
(蘇州のスーパーでも「六必居」の甜麺醤はおいてあるところがあります)



カンランとは何ぞや?ですが、
これは食感が、大根というかカブというか...そんな感じです。
これだけのお漬物も実は大好き(^^♪です。

そりゃ蘇州でも売ってますよ。この種のお漬物。
でもやっぱりこの種のお漬物は北国のものがおいしいのでは... と思います。
(日本でもそうじゃないかなぁ...)


~>゜)~<蛇足>~~
六必居については こちらをどうぞ → 「六必居
大正十五年(1926年)出版の
藤田元春著『支那研究 西湖より包頭まで』
という本を購入しました。

『西湖より包頭まで』
で紹介しています。

北京付近については、こちらでも紹介する予定です。
興味のある方は、『西湖より包頭まで』  ...どうそ!


西湖より包頭まで著者旅行行程略図
 


『西湖から包頭まで』
大正十五年出版の古書、買っちゃいました!!!



これからどっぷり、1920年代の日本→上海→西湖→包頭の旅を楽しみます。


~>゜)~<蛇足>~~
ざざっと読んだら、
北京あたりを先にご紹介しようかなと考えています。


5月も中旬ですから立夏も過ぎてますし、
今日は旧暦の四月初二。四月ですから、夏になりました。
確かに、暦の上では双なのですが、
でも夏至までまだ1か月以上ありますよ。
一番暑い時期といわれる三伏までなんてあと2か月。
三伏終わるのいつかな...と今から憂鬱になっています。

ちなみに今日の蘇州の予報最高気温37℃です。
「全国で一番暑いのが蘇州みたい。
 父が心配して連絡くれたの。蘇州暑いみたいだけどって
 それだけ全国でもニュースになっているのね」
とはいつも出身地の話で盛り上がる内蒙古出身の知人。
(彼女の中では私は北京出身になっています(^^ゞ)

こうも暑いと、今年はいつまで暑いのかな?というのが気になります。
ということで今年の一番暑い時期=三伏です。
初伏:7月17日 - 7月26日 10日
中伏:7月27日 - 8月15日 20日
末伏:8月16日 - 8月25日 10日

いつもより末伏の最終日遅くない?
え???今年三伏40日??
それに三伏って30日か40日ですが、長いほうだ(>_<)
がんばって、夏を乗り切りたいです!
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ