忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 266 |  265 |  264 |  261 |  260 |  259 |  258 |  340 |  257 |  263 |  255 |
「太陽のお菓子」(燕京歳時記)

二月一日、米の粉で平たい円盤状のパンを作り、それを5枚重ねる。その上に1寸ちょっとの大きさの小さな鶏の飾りをつける。これが「太陽のお菓子」と呼ばれるものだ。都に住む太陽を祭る人たちはこれを買って、お供えとする。3つ供える人もいれば、5つという人もいて、その数は決まっていない。

 
------------------------------------------------------------------
訳注:


平たいパン:一般にはそのまま「餅」と訳され、注釈がついていますが、あえて「平たいパン」と訳しました。実態は小麦粉を練って焼いたアラブ風のパンのようなもの。インド料理のナンのようなものといったらわかりやすいでしょうか
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ