忍者ブログ
燕京雑考@ブログ版
中国・北京の歴史、風習を紹介。一日一つを目指します。
 360 |  359 |  358 |  357 |  356 |  355 |  354 |  353 |  350 |  348 |  347 |
「バラと芍薬」(燕京歳時記)

バラの花は潤いを帯びた紫色で、人々はその甘い香りに魅せられる。特に女性が好きな花だ。四月、花が咲き始めると沿道には売り子が出る。呼び売りのそのこえはゆったりとしていて、早朝にその声を聞くのは趣きぶかいものがある。

芍薬は、豊台で育てられている。豊台一帯では見渡す限り芍薬が植えられている。四月蕾が膨らんでくると、切花として売りにだされ、都の巷で売り歩く姿がみうけられる。「楊貴妃」などの名前がつけられている。

これらの花は季節に咲き、人工的に季節を変えて咲かせることができない。花の中でも芯の強い花だ。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  燕京雑考@ブログ版  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
ぽんず
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[03/27 あさや~ん]
[02/12 あさや~ん]
[02/14 ぽんず@管理人]
[02/14 あさや~ん]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ